日記・コラム・つぶやき

2018年4月14日 (土)

道程

思いがけなく落ちたその谷底には 

 
 
今まで気付かなったこと 
 
今まで見逃していたこと 
 
子どもたちの本当の姿 
 
 
そんな宝物がたくさん落ちていました。 
 
 
 
そしてその中には 
 
私の本当の心もありました。 
 
 
 
 
他人に認めてもらうことで自分の価値や存在意義を感じていた自分。 
 
他人の価値観の鎧でガチガチに固めた自分は、
 
いつしか自分の本当の姿を忘れ、中身のない、鎧だけの自分になっていました。 
 
 
鎧の私は、それでもこれが本当の自分と疑わず、 
 
どんどん荷物を背負い込み、 
 
ひたすら頂上目指して、坂道を登っていました。 
 
 
・・・・・・登っているつもりでした。
 
 
でも、私が歩いていたその場所は、
 
いつの間にか迷い込んだ 
 
深い谷を渡る、細くてもろい一本の板の上。 
 
 
私は、落ちるべくしてその谷底に落ちたのです。 
 
 
あまりの衝撃にもがき苦しんだ数か月。 
 
自分の身体が自分の物ではないような不思議な感覚。
 
物をつかんでもつかんだ感覚がなく、 
 
歩いても、地面の感触が伝わらない。
 
魂が自分から半分抜けて 
 
透明な自分が、常に自分の横にいました。 
 
 
 
それでも、光と、自分の進む道を求めて周りを見渡すと、 
 
 
そこには、先の素晴らしい宝物がたくさんあったのです。 
 
 
冷たくなりかけている自分の心を胸にそっと戻し、 
 
ようやく本当の自分が戻ってきました。 
 
 
 
・・・・・落ちた崖をどうやって登ろうか。 
 
 
重い鎧はすべて脱ぎ捨て 
 
見つけた宝物を大切に抱え 
 
 
一年かけてようやく崖の上にたどり着きました。 
 
 
もう、前の自分ではありません。
 
 
これから進む道に迷いはありません。 
 
谷底で見つけた素晴らしい宝物を携えて
 
本当の自分で生きていきます。 
 
 
 
 
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月17日 (土)

再生

まる一年。

……………長かった。 
 
………………でも、あっという間だった。
 
………………苦しかったし、
 
………………そこから逃れたいとも思った。
 
 
でも、一年経って、見えてきたこと、気が付いたことがたくさんある。 
 
 
自分のこれまでの価値観、考え方、生き方、在り方それらすべての事を 
 
すっかり変えることを余儀なくされ、 
 
受け身でなく、誰のせいでもなく、自分が変えるのだという意識をもつ。 
 
どうしてこうなったのか。なぜ、こんな状況になったのか。 
 
 
全ては自分が作り出したこと。 
 
自分の人生は自分で責任を取るということ。 
 
それができて初めて私は本当の自由を手に入れられるのだ。 
 
自分の価値、存在意義を外に求めていた自分。 
 
もう、それはやめよう。 
 
 
やさしさ、おもいやり、気遣い・・・・・ 
 
一見すると、とても響きの良い、その言葉の裏側で、 
 
自分の心よりも他を優先していたのだ。 
 
 
私は何がしたい? 
 
本当の気持ちは何? 
 
何が好きで、何が嫌?? 
 
 
私は私という一番大切なものを
 
外からの評価と引き換えにずっと押し込めてきたのだ。 
 
 
アメリカに渡り、コーリンさんとの出会い、そして助言。
 
帰国し、心配してくれたKちゃん、M先生からつながった2人のOさん、 
 
そしてそこからつながったコンサルのSさんご夫婦。 
 
そして地元のMさん。 
 
私の一番つらい時期からずっと変わらず支え続けてくれたSさん。 
 
それから義弟のS君とNさん。従姉のMさん。
 
コーリンさんに合わせてくれた妹、そしてこころよく渡米させてくれた夫に感謝。 
 
会いたいと思っていた友人Rちゃんは、私の心にそっと寄り添ってくれました。 
 
私をトータルで客観的な立場で見て下さっているSCのT先生。
 
そしてその後もずっとつながって行くたくさんの出会い。 
 
必要な時に必要な方が本当にちょうど良いタイミングでやってきてくれました。
 
 
 
コーリンさんが話してくださった、 
 
『求め続けていけば、必ず必要なものに出会えますよ』 
という言葉は本当でした。 
 
沢山の方に支えられ、
 
 
一年かけてようやく 
 
新しい自分へのスタートラインを見つけることができた気がします。
 
苦しんだ1年間。 
 
今度の1年間は『再生』の道を歩く1年です。
 
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月24日 (月)

『待つ』という事

最近 『待つ』 という事について思うことが多くなりました。

 

『待つ』といっても色々です。

人であれば帰りを待ったり、待ち合わせで待ったり、来客を待ったり、成長を待つこともあるでしょう。時間の経過を待つしかなかったりすることもあります。家族や友人、あるいは仕事関係からの連絡を待つことも・・・・。

 

40を過ぎて、子育ても、人間関係も、それから自分の気持ちにも多少は余裕を持てるようになってきて、

それに合わせていろんな意味合いの『待つ』が増えたように感じます。 

 

昔は待つことができず、『待つなら自分が動いてしまえ』と。 

 

それが元で何かが余計にこじれてしまったり、余計な事をしてしまったり、後になって後悔することも多々ありました。 

もちろん、自ら動いて良かったこともたくさんありますが。 

 

今はどうかなぁ。 

子どもに対しては、彼らはもう立派なteenagerですので、何か教えるというよりは、一歩引いて彼らの成長をバックアップする感じになってきました。自分が育てるというより、育っていくのを見守る、足りない部分や気になるところは自覚することは必要ですから伝えて、あとは成長を待つ。 

こんな感じかなぁ。

・・・まぁ、たまにはキレることもありますがcoldsweats01 

 

お茶の仕事では、きちんとした店舗が出来てお客さまを待つ場所が出来ました。 

店番で家にいることが増えた分、家族を送り出し、帰りを待つことが多くなりました。

出先からの連絡を待つことも。 

 

ふと思ったのですが。 

・・・私は誰かを待たせていることってあるのかしら。 

 

・・・誰か待っていてくれることってあるのかしら。 

あまり深く考えちゃダメそうですね~coldsweats01 

 

『待つ』 というのは・・・・・・・・・なんて表現したらいいのでしょう。

うーんsweat01 

待っている時の気持ち。 

子どもについてはたまにありますが、他の事では苛立ちながら待つことはあまりなく、

その人への思いをそっと包み込んで胸に秘める感じ。 

 

子どもならいい経験をしてほしいなとか、温かく応援したい気持ちも込めて。

遠出した夫なら無事に帰ってきてほしいという願いを込めて。

仕事で外出ならば、いい報告も聞けたらいいなぁとか。 

義父母だと旅の安全かな。 

実父母は病気の進行のない、穏やかな日常を。 

なかなか会えない友人に連絡をしてみようか、いいや、もう少し待ってみようかとか。

 

待ちながら浮かんでくるいろんな人への思いは自分の心をじんわりと温かくしてくれます。 

何とも言えないゆったりとした豊かな気持ち。 

 

私は、こんな素敵な気もちにさせてくれる、 
たくさんの人たちに支えられているのかもしれませんね (*^.^*) 

 

何だか物思いにふける秋ですねー。 

 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2016年9月 8日 (木)

再発手術から丸2年

一年ぶりの投稿となりました。 

実父の胆管細胞がんの再発手術から丸2年経ちました。 

 

今日は検査結果を聞きに父とともに病院へ。 

父独りでもいいのですが、もし、再発だったら・・・・・。 

一緒にいて、ダメージを少しでも和らげられたらと、そんな思いでいつも同行していて 

 

『合格発表』 

 

と呼んでいますhappy01 

 

結果は、合格!!! 

 

よかったー。 

 

三年経てば、少し安心できます。 

五年経てば、再発の可能性も低くなります。 

 

あと、もう少し。 

先生、これからもどうぞよろしくお願いいたします。 

 

2回の執刀をして下さったF先生にもお会いして、お礼を伝えたいなぁ。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月12日 (土)

実父の検査結果

胆管細胞がん(肝内胆管がん) を患った実父。 

 

状態は、早期のガン。自覚症状も全くなし。

そして、他からの転移ではなく、原発性のもの。 

さらに、肝臓自体はとても健康、肝機能も正常。

さらにさらに、できた場所が肝臓の端の方

よって、切除可能。

・・・これは、肝臓にできたがんの中でもとても幸運なものです。

 

 

2年前に1回目の切除をし、再発。 

一年ほど前に2回目の肝切除手術を受け、

再発の不安を抱えながら半年ごとの経過観察を受けていました。 

 

一年経って、その検査の結果は・・・・・・・。 

『異常なし』 

 

o(*^▽^*)oやったーーーーー!! 

 

 本当によかった!! 

 

 

ガンが発見された時には5年生存率がかなり低く、 

その数字の低さに父共々、

希望を見つけることが出来ないくらい悲しんで・・・。 

 

1回目の手術では、大きくなったガンをきれいに取って下さったものの、

とても厄介ながんなので、おそらく再発するでしょうと言われていました・・・・。

 

 

でも、担当医の先生が、

『くよくよしないで、これからの時間をできるだけ明るく楽しんで。 

 

今、この時間も、普通に生活できているわけですから、

 

再発するかしないか、だれにも分からない将来を案じて

 

暗く、くよくよ過ごすよりも、

 

どうか、今を大切に、いきいきと幸せに生きることを考えて下さい』と。 

 

そんな風におっしゃって下さって。 

家族みんなで、覚悟を決めたんです。 

 

楽しく過ごそうね。 って。 

 

藁をも掴む思いで、抗がん剤も考えましたが、 

実父のガンに対して、効果的なものはないということで、

先生からもおすすめされなかったし、

私たちも、冷静に考えて

効果が無い物をやって、

逆に体を弱らせたらいけないと思い直し、抗がん剤治療は受けませんでした。 

あの時、先生がきちんとお勧めしないことを言って下さって良かったと思います。 

(※これは実父のパターンに対しての見解です。ガンにはたくさんの性質、性格、種類があり、それぞれに効果的な治療法があります。そして、ガンのステージによってもできる治療が変わってきます。私は素人ですから、実父の場合でのことしか書けません。主治医の先生と納得いくまでお話をして、ご自分の治療を考えていただきたいと思います。)

 

ガンは自らの細胞の異変です。 

もともとは自分の細胞。 

 

闘って完全に退治しよう というよりは、もし治らないのならば、

自分で諦めのつく寿命まで、共存していくという道もあるよね。

 

そんな風に考えるようになりました。 

 

それからの父は、自分の免疫機能が高くなる生活を心がけるようになりました。

体ができるだけ喜ぶことをする。睡眠はできるだけ良質な睡眠をしっかりとる。

適度な運動。バランスの良い食事。 

そして、笑いの多い、笑顔の多い毎日を心がけました。 

 

残念なことに2回目を再発しましたが、この時には前回よりも覚悟が決まっていました。

 

『また切除が可能なんて、ラッキー!!』 

 

父も家族も皆、そう思いました。 

迷わず、手術を選びました。 

 

手術後の先生は、 

1回目よりも自信ある感じで 

『今回は良く取れましたよ(*^_^*)』 

と。 

 

でも、ガンは、本当にどうなるか分からないもの。 

目に見えないものが、まだ取りきれずに残っていて、

それが大きくなることもあります。 

あるいは新しくできる可能性も・・・・・。

1年を再発なしで過ごせましたが、まだまだこれからです。 

この後は3年。 

そして5年。 

 

この節目の年を今回のように笑顔で迎えたいです。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月16日 (木)

結果良好!

実父の検査結果 
 
『問題なし』 
 
でした*\(^o^)/*   

あー。よかった。 
 
受験の合格発表並みにドキドキしました。 
 
だって… 
ガンの再発か否かの検査です。 
この結果如何でこれから先の道が大きく分かれますから。 

次の検査は、9月初め。 
これがクリアできたら、一年大丈夫だったことになります。 
 
2回目の手術からまだまだ半年。 
明るく健康的な生活を続けて、楽しく笑って過ごしながら、次の検査の日を迎えられればと思います。 
 
あらためて、執刀してくださった先生はじめスタッフの方々。 
地元で経過をよく見てくださっている先生。 
 
ありがとうございます‼︎ 
 
これからも引き続きどうぞ宜しくお願い致しますm(_ _)m

iPhoneから送信

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月 4日 (水)

冬の家族旅行

あっという間に3月。 
冬恒例の家族旅行、今年も行きましたよ(^ ^) 
 
1月31日〜2月1日 
一泊二日、丸沼高原スキー場へ。
 
通ったことのない道から行ってみようと 新しくできたICをおりて一般道へ。 
そうしたら、この景色‼︎

1_2_3

   
 
素敵でした〜(*^^*) 
途中、道に迷い始めたかも〜と感じ始めた頃に、地元の方らしき人が道案内してくれて、
無事、目的の道までたどり着けましたσ^_^;   
ナビ?  迷った辺りはナビに出てこなくて、道がないとか、畑の中にいるようになってたりとか…。
 
到着当日は、吹雪いていてかなり寒い…。 
私と娘はレストハウスでヌクヌクしながら雪だるま作ったりして過ごしました。 
かわいいでしょ?

2_2

 
 
翌日は、快晴。風もなくいいお天気(≧∇≦)
お兄ちゃん達はどんどん滑って、夢中です。
娘はキッズゲレンデで、そり遊びやチューブで遊び、大はしゃぎ‼︎ 
かなり楽しめたようで、午後からはずーっと昼寝してました。 
お昼寝当番をパパさんと交代して、私も滑ってきました。 
スキーはやっぱり楽しいねぇ。
冬の家族旅行   
 
泊まったペンションは、とても素敵で、料理も美味しく、部屋も快適に過ごせました。 
ワインも美味しかったね!つい、飲み過ぎちゃった。

4_2



 
 
毎年欠かさず行っている旅行。 
今年も楽しく過ごせて、良かった。 
子ども達の成長も、毎年毎年感じられて、
長男だけだった時や、彼らが5・3・1歳だった時のことなどは、 
まるで夢のように感じます。 
年月の流れはゆっくりなような、早いような…。 
昔の我が家族の様子をもう一度見ることができたら、 
面白いだろうなぁ(*^^*)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月 2日 (火)

良い結果!

よかった・・・・・。

本当によかった。

実父の件。

前にも記事で書きましたが、

実父の胆管細胞ガンのこと。

早い発見で、ほかに転移なく、肝臓もいたって健康、そして切除可能な場所にできたため 

切除手術を受けました。

切除したがん細胞の組織は、顕微鏡検査で、切除面にがん細胞が残っているかどうか検査します。

1回目は“残っている”でした。

これは、目視で確認できる大きさではなく、

執刀して下さった先生方は、できる限りのことをして下さった結果です。

そして、前回残っていたところが再発。

2回目の切除手術を受けました。

本日、顕微鏡の検査結果をうかがいに病院へ行ってきました。

結果は・・・・・。

“残っていません” 

(゚▽゚*);:゙;`(゚∀゚)`;:゙(*゚▽゚)ノ 

やったぁ!!! 

3年間の筑波への往復の中で、一番晴れ晴れとした気持ちの復路でした。

これから、また新たながんができる可能性も否定できませんが、

まだ決まったわけではありません。

その時にならないと、わかりません。

ですから、心から喜ぶことにしようと思います!!

最後に、お世話になった先生。本当にありがとうございました。

話をよく聞いて、実父の気持ちを尊重して下さり、明るく接してくださいました。

こちらにお世話になって良かったと思っています。

もし、またお世話になることがありましたら、

(もう、再発しないことを切に願いますが・・・・。)

どうぞよろしくお願いいたします。 

それまでは、明るく、笑いの多い生活。

適度に体を動かし、バランスよく食べ、良い睡眠をとる生活。

こんな生活を心がけて、実父に過ごしてもらいたいなぁと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月20日 (木)

しょうが糖(てんさい糖を使用)にハマってます!!

寒い季節。 

今、手作りの生姜糖にハマってますヽ(´▽`)/ 

材料もこだわって、地元古河産の生姜。

砂糖も、体を冷やさないといわれる『甜菜糖』を使用。

他に添加物なし。

1_9 

しょうがはそのままスライスします。

溝の部分は土があるので念入りに洗ったり、取り除いてください。

 
2_8 

このしょうがを2回茹でこぼしました。

辛いのが苦手な方は、3回。

・・・・・茹で汁は、お風呂に入れてしょうが風呂にできるので、取っておいてくださいね(^O^)

しょうがを絞って、

中火にかけて煮詰めていきます。

3_5 

てんさい糖が茶色い色なので、焦げているかどうか分かりづらいです。

くれぐれも焦げない様に注意してください。

⇓⇓⇓この状態で、まだまだ煮詰めます。 

1_10 

2_9 


煮詰めていて、煮立つ泡がとてもきめ細やかになったら火から下ろします。

この後は、ひたすらかき混ぜます。

しばらくすると、モッタリしてきて、

冷めるとともに砂糖が白く結晶化してきます。 

3_6 

トレーに広げて、一晩冷まして出来上がり!! 

鍋肌にたっぷりついてしまった生姜糖は、お湯で溶かして

しょうが湯にして飲んじゃってください(*^_^*)

おいしいですよぉ~。

 

しょうが糖。

口さびしいときに、一つまみ、二つまみ・・・・。

癖になります(^_^)v 

これ、お湯に入れてしょうが湯にして飲んでも美味しい。

さらに・・・・。

ほうじ茶に入れると、しょうがの風味がまろやかになって、さらにおいしい!!

しょうがほうじ茶

いいですよ~。 

今度のスコーン販売会で皆さんに飲んでもらおうと、準備しています。

分量もその時に。。。



| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年11月 2日 (日)

100mを疾走×2回

今年も走っちゃいました(;^_^A

年柄にもなく、100mを2回。

しかも本気。

場所はこれまた本気で陸上競技場。


うーん。
疲れたけど…。
やっぱり楽しいね(*^^*)

今日は、市民運動会で、
町内会対抗のリレーに出場したんです(^_^)v

高校生の時には一応陸上部で、走るのは好きだったし
(でも、短距離専門ね(^_^;) 長距離は…(;▽;))
この競技場にも、大会や練習でよく通っていたから、

一年に一度ここに来て、走るのは悪くない。

ってか、実を言うと、面白いんですよね〜\(^o^)/


そりゃあ、走る前の緊張感ときたら、半端じゃないですよ。
心臓が口から出てくるんじゃないかと言うくらい
ドキドキして、落ち着きませんから…。

たかが、レクリエーション。
されど、レクリエーションなんです。

やっぱり、走るからには、気持ち良く走りたい。
競技場まで来ちゃったからには、
満足行くように走りたいじゃない?
現役の速さは全くないけど…。
(現役の時だって大して速くはないけどね(;^_^A))
って、完全に自己満足のためだけに
こんなことしてます。


そんな訳で、本日、100mを疾走⁈。
結果、決勝に勝ち進み2回目の100m全力疾走。
(…したつもり(^^;;)


気持ち良かったあ〜\(^o^)/

決勝では、他のチームは速かった‼︎
我がチームは決勝で4位。
やっぱり決勝に残る人たちは、みんな強敵ですね。

今年は何の準備も体づくりもせず、
出場しちゃいましたから、自分に対してちょっと悔しい。

改善の余地は十分ありますよね〜。

…来年は、今年より速く走れるように
頑張ってみたくなりました(^_^)v

最後に…。
チームの皆さん、お疲れ様でした!
メンバーが集まらず出場できない行政区がある中、
我が行政区は、素晴らしいメンバーが毎年揃います‼︎
出場できて、バトンがつながって、ゴールできる。
それだけでいいんです(*^^*)

あとは、夕方からの慰労会が楽しめれば…(^_^)v
私も、リレーの皆さんも、他の競技に出場した皆さんも、
こちらがメイン…かな?? オホホ(((o(*゚▽゚*)o)))
皆さんのおかげで、今年も美味しいビール、
たっくさん飲めました‼︎
来年もどうぞよろしくお願いします(o^^o)

段取りから準備まで運動会を楽しめるように
いろいろ動いて下さった役員の皆さんにも、
感謝ですね。
ありがとうございました‼︎

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧