« 再発手術から丸2年 | トップページ | 世界お茶まつり »

2016年10月24日 (月)

『待つ』という事

最近 『待つ』 という事について思うことが多くなりました。

 

『待つ』といっても色々です。

人であれば帰りを待ったり、待ち合わせで待ったり、来客を待ったり、成長を待つこともあるでしょう。時間の経過を待つしかなかったりすることもあります。家族や友人、あるいは仕事関係からの連絡を待つことも・・・・。

 

40を過ぎて、子育ても、人間関係も、それから自分の気持ちにも多少は余裕を持てるようになってきて、

それに合わせていろんな意味合いの『待つ』が増えたように感じます。 

 

昔は待つことができず、『待つなら自分が動いてしまえ』と。 

 

それが元で何かが余計にこじれてしまったり、余計な事をしてしまったり、後になって後悔することも多々ありました。 

もちろん、自ら動いて良かったこともたくさんありますが。 

 

今はどうかなぁ。 

子どもに対しては、彼らはもう立派なteenagerですので、何か教えるというよりは、一歩引いて彼らの成長をバックアップする感じになってきました。自分が育てるというより、育っていくのを見守る、足りない部分や気になるところは自覚することは必要ですから伝えて、あとは成長を待つ。 

こんな感じかなぁ。

・・・まぁ、たまにはキレることもありますがcoldsweats01 

 

お茶の仕事では、きちんとした店舗が出来てお客さまを待つ場所が出来ました。 

店番で家にいることが増えた分、家族を送り出し、帰りを待つことが多くなりました。

出先からの連絡を待つことも。 

 

ふと思ったのですが。 

・・・私は誰かを待たせていることってあるのかしら。 

 

・・・誰か待っていてくれることってあるのかしら。 

あまり深く考えちゃダメそうですね~coldsweats01 

 

『待つ』 というのは・・・・・・・・・なんて表現したらいいのでしょう。

うーんsweat01 

待っている時の気持ち。 

子どもについてはたまにありますが、他の事では苛立ちながら待つことはあまりなく、

その人への思いをそっと包み込んで胸に秘める感じ。 

 

子どもならいい経験をしてほしいなとか、温かく応援したい気持ちも込めて。

遠出した夫なら無事に帰ってきてほしいという願いを込めて。

仕事で外出ならば、いい報告も聞けたらいいなぁとか。 

義父母だと旅の安全かな。 

実父母は病気の進行のない、穏やかな日常を。 

なかなか会えない友人に連絡をしてみようか、いいや、もう少し待ってみようかとか。

 

待ちながら浮かんでくるいろんな人への思いは自分の心をじんわりと温かくしてくれます。 

何とも言えないゆったりとした豊かな気持ち。 

 

私は、こんな素敵な気もちにさせてくれる、 
たくさんの人たちに支えられているのかもしれませんね (*^.^*) 

 

何だか物思いにふける秋ですねー。 

 

|

« 再発手術から丸2年 | トップページ | 世界お茶まつり »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

いい文章です(^_^)

投稿: よしだ | 2016年10月26日 (水) 01時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/233413/68092713

この記事へのトラックバック一覧です: 『待つ』という事:

« 再発手術から丸2年 | トップページ | 世界お茶まつり »