« Merry Christmas! | トップページ | 冬休みのお手伝い »

2010年12月26日 (日)

焙烙(ほうろく)

焙烙(ほうろく)
新茶の初めの時期に少量だけ作ったお茶。

100gの真空パックにしておいたものをとっておきました。


開封して試飲。
茶葉自体は傷みなどなく、いい状態です。
『でもさぁ。いいお茶のはずなのに、どうも寝ぼけた感じだねぇ。』
『もっと味が詰まってるはずだなぁ…』
と主人。


…で、焙烙の登場となりました(^o^)/

量がまとまっていれば火入れ機を使いますが、何せ100gですから…(^_^;)


3回に分けて遠火でじっくり丁寧に、焦がさないように、そして焦げ香のつかないように火入れしました。


『こんなもんかなぁ。』

具合をみて、主人が火から下ろし、もう一度飲み直しです。


『うん!いい具合( ̄ー+ ̄)』

確かに、さっきとは全然違います!


旨味・渋味・コクや甘味・清涼感…茶葉の中に詰まっていた味わいの元がフワッと表に出てきました。

火入れ一つでこんなにも変わる緑茶。


面白いですね(*^_^*)

|

« Merry Christmas! | トップページ | 冬休みのお手伝い »

お茶」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/233413/38225612

この記事へのトラックバック一覧です: 焙烙(ほうろく):

« Merry Christmas! | トップページ | 冬休みのお手伝い »