« T-1グランプリ | トップページ | 台風18号 »

2009年10月 3日 (土)

お茶の淹れ方 

今日、初めて足を運んでくださったお客さまがいらっしゃいました。 

 

そのかたは、 
『どんなにいいお茶を買っても、お店で試飲させてもらって納得したものを買っても、自宅で飲むと全然香りもなく、おいしくないんです。』 と・・・。 

“こちらのお店がいいかもしれないよ”と知り合いから紹介されて来て下さったそうです。 

 

・・・ありがたいですm(_ _)m 

 

ぬるめの温度にしてみたり、買い求めた水を使ってみたり、ご自身なりに色々工夫されていました。 

 

よくよく話を伺ってみたところ、 

熱いお湯ではいけないと思い、お湯が沸騰する前に火からおろしていたそうです。 

それから、 

水道水はカルキがいけないと思い、硬水をお求めになっていました。  

 

 

沸騰させていないお湯と、沸騰してから同じ温度まで冷ましたお湯とでお茶を淹れ分け、飲み比べていただいたら、その違いにびっくりされていました。 

お茶を飲みながら、 

煮沸のさせ方とか、カルキをとばすにはとかをお話したり
硬水に含まれる成分 (CaやMg) が緑茶の成分とくっついてしまうために、お茶の水色(すいしょく)が変わってしまったり、香りがたたなかったりするので、買われるのでしたら軟水を (メジャーなものならエビアンとか。) とお伝えしました。   

 

最後に、簡単に美味しくお茶が淹れられるちょっとしたコツ (できるだけシンプルなのがいいですよね!) をお話しました。  

 

お客様は、これで美味しくのめるかも!!と嬉しそうでした。 

  

お茶が美味しくはいるって、淹れた自分が一番嬉しかったりするんですよねー。 

毎日のちょっとした『うれしい♪』 のお手伝いができたかもと思うと、私も嬉しい! 

 

ここ1~2年、お茶の勉強への熱意が上がったり下がったり、フラフラしている自分です。 

 

また、がんばろうかな。    

 

 

 

 

 

 

|

« T-1グランプリ | トップページ | 台風18号 »

お茶」カテゴリの記事

コメント

お茶のいれ方って奥が深いねぇ。このお客様の気持ちよく分かる。私も自分でいれたのって、たかちゃんのお店で頂くのより美味しくない気がしていた。それでも適当な私は、お茶が飲めるってだけで嬉しいから気にならない。いつも美味しいお茶を送ってくれてありがとう!!!

投稿: かずぶぅ | 2009年10月 3日 (土) 22時08分

お茶を本気で美味しく飲みたいと思っているお客さんがいるとうれしくなりますね。

確かに,どんなにいいお茶を買っても水質とか温度と量,時間などの淹れかた一つで風味とか味も変わりますし,それを楽しむのも醍醐味ですが,何よりも淹れ方の基本があってのことですね。

それを伝えるのはとても重要なことだと思います。今日のお客さんのような人たちは大切にしたいですね。

投稿: 折 | 2009年10月 3日 (土) 22時31分

かずぶぅさん
お茶の味は、茶葉の種類、茶葉の量、水質、湯温、お湯の量、注ぐまでの時間、注ぎ方…こんな様々な要因の組み合わせで出来ています。
…私も、いつも同じ様に淹れているつもりでも、すっごく上手に淹れられる時と、いまいちの時、いろいろです(^-^)
だから飽きないのかもしれませんね!

ちょっとしたコツを話すときには、なるべく単純にシンプルに伝えるようにしてます。 毎日手軽に実戦できなきゃ意味ないですものね(^_^)v
ちょっと一手間意識するだけで、もっと美味しいお茶が飲めるかも!

投稿: たかちゃん | 2009年10月 5日 (月) 14時06分

折さん
お茶をおいしく飲みたいと思ってくださるって、嬉しいですよね。折さんのおっしゃるように、大切にしたいです(*^_^*)
お話するなかで、お客様の好みや、生活スタイルなどに合った飲み方をお伝えできたらと思っています(^-^) 馴染まない淹れ方だと、実践してもらえないですからね(^◇^)
ちょっとの違いで、おちゃの味が全然違うんですから、お茶って奥が深い…。
淹れる時の気分だって要因の一つかもしれませんね(^o^)/

投稿: たかちゃん | 2009年10月 5日 (月) 16時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/233413/31622743

この記事へのトラックバック一覧です: お茶の淹れ方 :

« T-1グランプリ | トップページ | 台風18号 »