« 幼稚園運動会 | トップページ | 秋番・秋整枝 »

2008年10月11日 (土)

十三夜

 

今晩は十三夜です。 

十五夜のときと同じく、けんちんを作って、炊きたての新米とともにお供えをします。 

すすきと、他に、まぁるい食べ物。 

りんご・ぶどう・まんじゅう・などなど・・・。 

 

お供えしたすすきは、作物の豊作を祈って、翌日畑にさしてそのままにします。 

 

来年のお茶も良い新茶がたくさんできますように・・・。 

 

日中は三男の運動会。 

幼稚園の運動会は、みんなかわいらしくて、見てるだけでも顔がほころんじゃいます(*^ ^*) 

親の種目もたくさんあって、子どもも親もみんなで参加して楽しめた運動会でした。みーんないつの間にか笑顔になって、張り切ってしまうんですよねー(^ε^)/ 

朝方の雨もどこかに行ってしまいよかったぁ!! 

|

« 幼稚園運動会 | トップページ | 秋番・秋整枝 »

子育て」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

なんか、いいですね~。そういう行事をちゃんとやるのって・・・。
わが家には、そういう感覚がないですし、月を見ようとはしますが、風習としては引き継ぐものなんてないですしね~。
とにかく、来年の新茶も美味しくできますように~♪♪

投稿: ゆう | 2008年10月12日 (日) 22時18分

ゆうさん
十五夜様をしたら、十三夜もやらないといけないんですって。 
・・・どうしてなの??? 
 
目的や、意義も分からずやっていることも多い年中行事です。 
始まった理由や目的をしっていると、もっと楽しめそうですよね♪ 
季節の節目にあることが多いので、季節の移り変わりを感じるいいきっかけになります。 

投稿: たかちゃん | 2008年10月13日 (月) 13時07分

片見月(15夜だけを見ること)と言って、確か、縁起が悪いんですよね。同じところから見た方がいいんだって。13夜は日本独自の風習だそうですよ。
昔お月見を調べていた時の記事で、15夜の日だけは、他人の畑の作物を、片足入るところまでは盗んでも許されたというのがありました。
みなで暮らすと、やはりストレスも溜まるから、月夜で明るい下でなら、少しは悪さも許そうということみたい。
おもしろい風習だな~っと、思いました。^^
イタリアのトマト投げとかも、そういうストレス発散の祭りの要素があるとかって書いてあったけど、共同生活も、たまには息抜きが必要だってことかしらね?笑*笑*笑 
鹿児島、楽しんで下さいね~。いいな~。

投稿: ゆう | 2008年10月19日 (日) 12時00分

ゆうさん
ありがとうございます!
理由がきちんとあるんですねー。面白いです(*^m^*)

ストレスを発散する形は変われど、昔も今も人って変わらないって事ですねぇ。
そう思うと、何だか昔の人がとても身近に感じられます(^O^)

投稿: たかちゃん | 2008年10月19日 (日) 21時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/233413/24434334

この記事へのトラックバック一覧です: 十三夜:

« 幼稚園運動会 | トップページ | 秋番・秋整枝 »