« 苗木植え | トップページ | 春休みの宿題 »

2008年4月 6日 (日)

品種

なんだかんだと、改植は結局今日までかかってしまいました。 

 

腕は重いし、太ももやふくらはぎは筋肉痛だし、肩はこるし、私のところだけ重力が余計にかかってるみたいで・・・・。 

 

しんどいのぉ~。 

 

今回、お茶苗は『ふくみどり』を植えたのですが、 

作業中、何だか色々ごちゃ混ぜになっちゃって・・・。 

 

ふと思い立って、主人に何回も聞いちゃった。 

『あれ?今植えてるの、おくみどり だっけ??』 

『だーかーらぁ! ふくみどりっ。おくみどりは晩生だからおくがつくのっ。』 

『あれ?・・・さっき聞いたけど、ゆたかみどり じゃないよね。』 

『さっき言ったばっかりじゃん! ゆたかじゃないぉ~。』 

『あれ?今植えてるのじゃなくて、向こうにあるのが ほくめい だよね。』 

『・・・・・もう、絶対お前に教えてやんない!!』 

 

 

だってねぇ・・。『〇〇みどり』とか、『〇〇かおり』とか、いろいろあるんですもの。 

何回聞いても、ややこしいわー。 

 

|

« 苗木植え | トップページ | 春休みの宿題 »

改植」カテゴリの記事

コメント

私もインストラクターの試験前に一通り勉強しましたが・・・
試験が終わった途端に全部頭からふっとびました。
みんな名前が似てるから難しいんですよね。
それぞれの特性なんて覚えられないから!!って感じでした。
こんなんでインストラクターになれるのでしょうか・・・

投稿: 茶むすめ | 2008年4月 7日 (月) 22時14分


本当に、ややこしい名前が多いですよね~。
掛け合わせの品種は、親の名前を入れたりするからでしょうね!!

投稿: pansy | 2008年4月 7日 (月) 23時40分

鹿児島では「ゆたかみどり」と「おくみどり」はメジャーな品種ですが「おくゆたか」という品種もあります。品質はそこそこいいのですが,全くまぎらわしいですね。
植えるときに混じるといけませんので,間違わないようにがんばってください。

投稿: 折 | 2008年4月 8日 (火) 01時25分

茶むすめさん
茶むすめさん、筆記はもう合格しているんですものね。
筆記の難関を突破できたのですから、大丈夫です!!
一度しっかり勉強されたんですもの。吹っ飛んでしまったものは、必要が出てくればまた呼び戻せます!

投稿: たかちゃん | 2008年4月 8日 (火) 19時51分

pansyさん
掛け合わせ、色々ありそうですね。
系図を描いたら、面白そうですね!!
兄弟、おじ、おば、いとこ、まご・・・・。
意外なところでつながっていそうです!!

投稿: たかちゃん | 2008年4月 8日 (火) 19時54分

折さん
ゆたかみどり×おくみどり=おくゆたか
ひえぇぇー!
ますますややこし~(*~*)
作業中、あっちの茶畑には○○が植わってて、向こうの茶畑には△△が植わってて・・・。
と復習しているうちに、今手にしている品種が??になって・・・の繰り返しでした。
折さんのおっしゃるとおり、気をつけないと、混じってしまいますね!

投稿: たかちゃん | 2008年4月 8日 (火) 20時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/233413/12369732

この記事へのトラックバック一覧です: 品種:

« 苗木植え | トップページ | 春休みの宿題 »