« 幼稚園謝恩会の進行 | トップページ | 謝恩会の反省 »

2007年3月14日 (水)

お茶畑へ②

お茶畑へ②

肥料まき、手伝ってますよぉ〜。謝恩会の準備ばかりやってるわけにはいかないもの…。 自営業だと、仕事をやろうと思えばきりがなく、サボろうと思えばこれまたきりがなく…。自分で自分を律して行かないと、どんどん楽な方へ進んじゃう。私みたいなボケボケ嫁は親と同居してた方がいいかも…。

上の写真の肥料は午後から半日で全部まきました。旦那が機械でまいて、私は機械の中に肥料を入れる係。進み具合にあわせて、トラックも移動させます。 
自画自賛だけれど、二人の連係プレーはとっても素晴らしい!!ロスタイムなく、旦那を休ませることなく、どんどん進んじゃいます。冬になまった体には、とってもいい運動になります。  

下の機械は肥料まきに使います。呼び名はマッキー。かわいい名前でしょ? 
このなかに私が肥料を入れて、旦那が
マッキーを操作して、お茶畑にまきます。 

 お茶畑へ② 
 この子が来るまでは、ひも付きのバケツのような入れ物に肥料を入れ、それを肩から提げて手作業でまきました。重いし、たくさん入らないので、何度も行ったり来たりしなければならず、ものすごい重労働でした。  
 それから比べると、なんて楽チンなんでしょう!
マッキーありがとう!!!

 

これは、すそはぎり機。 
 お茶畑を入って歩く通路があるんですが、お茶の樹はどんどん成長するので、放っておくと通路が枝でふさがってしまうんです。通路をこの機械の刃を動かしながら歩いて、人が一人入って歩けるスペースを常に確保します。 

お茶畑へ②

これは通称うさちゃん 
 ウサギに似てません?持ち手が耳みたいで。 
これは通路部分の土を浅く耕す機械です。肥料をまいた後、この機械で肥料と土を混ぜ合わせる事で、肥料の効きを良くします。

お茶畑へ② 

これらの機械。私も扱いますよ。エンジンかけて、茶畑の中を入って歩きます。 
肥料まきが一通り済んだら、旦那がすそをはぎる。その後を、私がうさちゃんで追いかけたり。二人同時進行で別々の作業をやれば、時間は半分で済みます。 

お茶で使う機械はまだまだ一杯あります。 

お茶の時期によく使う機械は、冬の間にエンジンの調整や、掃除、磨耗した部品の交換、刈り刃を研いだりなどして、5月の新茶に備えます。 
メンテナンスは旦那にお任せです。・・・・だって、バラしたら、組立たんなくなっちゃうもん。

|

« 幼稚園謝恩会の進行 | トップページ | 謝恩会の反省 »

お茶」カテゴリの記事

農業」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/233413/5688054

この記事へのトラックバック一覧です: お茶畑へ②:

« 幼稚園謝恩会の進行 | トップページ | 謝恩会の反省 »